02handmade_header.jpg

Burleigh Patterns

創業当時から続く変わらない柄は、普遍的な懐かしさを感じさせる温かみがあります。

バーレイの柄はずっと変わらないものもあれば、なくなってしまう柄も多くあります。

ここでは昔から続く代表的な柄をご紹介します。

plate_pheasants.jpg

Asiatic Pheasants

アジアティックフェザンツ 

plate_arden.jpg

Arden

アーデン

plate_calico.jpg

Calico

キャリコ

plate_felicity.jpg

Felicity

フェリシティ

plate_regal_edited_edited.jpg

Regal Peacock

リーガルピーコック 

plate_willow.jpg

Willow

ウィロー

 
Asiatic Pheasants

アジアティックフェザンツ 

高麗キジと牡丹が描かれた「アジアティックフェザンツ」シリーズ。バーレイの中でも最もファンの多い、代表的なパターンです。柔らかく優しいフェザンツ柄は、ティータイムをより優雅な時間に変えてくれます。

 pheasants.jpg
 

Calico

キャリコ

コントラストの強い色彩が人気のキャリコ。アジアティックフェザンツに次ぐ代表的なデザインで、氷のうえに落ちたプルナス(桜の一種)をイメージしています。長い冬を終え、春の始まりを感じさせる温かい花柄です。

calico_blue.jpg
 

Regal Peacock

リーガルピーコック

1913年に、国王ジョージとお妃メアリーの為に、特別にお披露目された柄です。「鳥の王を選ぶ東洋のおとぎ話」にでてくる優雅な孔雀をコバルトブルーで描いています。近年ずっと生産されていませんでしたが、2014年に復刻しました。とても古い柄なので銅板も劣化しており、この復刻にあたって彫り直して作られました。

regal_blue.jpg
 

Arden

アーデン

英国の素朴な草花をモチーフにしたアーデン。1880年代にデザインされた、サンザシの花を生き生きと描いたコバルトブルーのコントラストが印象的なパターンです。

arden.jpg
 

Felicity

フェリシティ

ニワトコの木を思い出させる小花模様が散りばめられた、可愛らしいパターンのフェリシティ。明るいブルーが爽やかな気分にさせてくれます。

felicity.jpg
 

Willow

ウィロー

柳を描いたオリエンタルなパターン。中国が舞台の悲恋物語を描いたもので英国人の東洋への憧れを感じさせるデザインです。現在ウィロー柄を生産しているのは、バーレイ社だけです。

willow.jpg

ここでは、代表的で長く続いている柄をご紹介しました。伝統的なパターンを守りつつ、新しい柄やカラーバリエーションが増えたり、日々新しいバーレイも生まれています。
この他の現行の柄は、Shopでご確認ください。

シュガーボウル.jpg